人が創ったランプといえば、エジソンが創った電球(点光源)であり、
蛍光灯(線光源)が在ります。
これらは私たちの生活に無くてはならない存在となり、
楽しさや快適さを与えてくれた偉大な発明であり、有意義な製品群です。
そうした光の中にもう一つELという「面」で発光する光源を
提供させていただきました。

「Paper Light」…クレジットカード程度の厚さで表面から光を発する面状の光源。
発熱も無く穏やかな光は人の心を捉えてやまない魅力を提供してくれる光源です。
勿論、表面・裏面どちらも光を発することもでき、
面の中で局部的に光を発することもできます。
ペーパークラフトやモビールのような造形物を光らせることも可能です。
インテリア・エクステリア等、あらゆる光を楽しむ方々と共に
光のオブジェを創造しましょう。





EElectro/エレクトロの略で、電界や電場の事を表します。
LLuminesence/ルミネッセンスの略で、熱の領域を通らないで
 直接ひかりのエネルギーに変わる現象を言います。





“電気エネルギーが電球のように熱エネルギーに変換される過程を通らないで直接光のエネルギーに変換される現象を言います”





・1935年:フランスのキュリー研究所のジョルジュ・デトリオが
     「閃亜鉛鉱石が交流電界中で光を発する」現象を発見。
      エレクトロルミネッセンスと名付けた。

・1940年:ブラウン管用蛍光体の研究の中でEL用として効率の
      良い蛍光体が開発された。

・1946年:米国で透明電極膜が開発された。

・1950年:「光る壁」として、日本に上陸。





【ELの用途】
時計/医療機器/運輸関係/工業計器/広告類/道路関係/趣味
建物什器/建物関係/自動車/機能利用/その他


Copyright(C)2001-2007 ELFIN CORPORATION.All Rights Reserved